集落の活動

トップページへ

七野集落 七野は「ひつの」と読みます

50数件の家が約2キロメートルにわたり千種川を挟んで左右にある集落です。川下
向かって多くの家は川の右側に数件の家が左側にあります。
宍粟市は千種町、山崎町、一宮町、波賀町の4町があり、千種町は13の集落に分かれて
います。集落は地下さらに隣保に分かれています。七野は3つの地下に別れ6つの隣保
(各地下が2つの隣保より構成)からなっています。
地域活動の最小単位として集落と隣保が位置づけられています。市、農協、森林組合等の
集落外との交渉、作業依頼、行事等々は1集落として対応し、お祭りのような集落内の
出来事は隣保が対応します。

七野集落

七野集落の一部 道路の左側に千種川が流れています。右側が川上、左側が川下になります。

七野自治会

6名の役員と正副自治会長が総会で選出され、1年の任期で活動します。
宍粟市との関連で行われるもの、集落内での行事や奉仕作業、災害が発生した場合
などの集落の中心となります。

七野農会

6名の役員と正副農会長が総会で選出され、1年の任期で活動します。
6名の役員は自治会役員が兼任します。獣害や天災等が発生した場合の農地、農作物の
被害調査をしたり、災害復旧の対策を市や農家と協議したりします。

お宮

七野集落の氏神様である産霊神社では夏祭り、秋祭り、稲荷祭りが執り行われます。
夏祭り、稲荷祭りは神事のみ行われ、秋祭りは神事、子供相撲、飲み物・おでん等の接待、
ビンゴゲーム等、餅まきをします。祭りは宮当番が中心になって行います。任期は1年で
持ち回りで6人が各隣保より選ばれ、その中から長を1人選びます。各宮当番の名前を小さく
切った半紙に書き神主様が半紙を吊り上げて選びます。

産霊神社の秋祭りです。

秋祭りの準備

老人会

七野集落では65歳以上になると入会のお誘いが来ます。
お宮や集会所の清掃、花壇作り、グランドゴルフ、食事会等活動をしています。

花壇作り。

花壇に春の花を植えました (2016.04.26影)

冠婚葬祭

結婚式の披露宴は昔は家で行っていました。お祝いは地下で行い、花嫁(婿)を迎える家の
お祝いの席には隣保の人を招待していたようです。今では式場を利用して披露宴を行うように
なり、式場が遠方で隣保の人を招待できなかった場合は別途自宅に招待し披露宴を行うことも
あります。
葬儀は地下単位で協力します。亡くなれた家の宗教や家族の希望により内容はまちまちです。

トップページへ